祖父が有料老人ホームにお世話になっています。

Filed Under:老人ホーム体験

私の祖父は、もうすぐ82歳になります。
身体は元気なのですが、祖母が先だったこともあり、一人での生活がさみしいようでした。
そこで、家族会議を開いた結果、祖父を有料老人ホームに入所させることにしました。
有料老人ホームでは、祖父のような年代のお年寄りが一緒に生活をするので、さみしさも減るのではないかとの目論みでした。
祖父に用意された部屋は個室で、ベッドや机、いす、クローゼットなど、一通りの生活用具は最初から部屋に設置されていました。
祖父としては、思い出の家具を運びたかったようですが、置く場所もなく、私たち家族が自宅で預かっています。
祖父が入所する有料老人ホームでは、入所者全員でそろっての食事をします。
だから、今まで一人で食事をしていたのが、友人ができたこともあり、楽しく食事をできているようです。
また、朝には体操タイムもあり、入所者のみんなと一緒に体操して汗を流しているそうです。
祖父は入所したことで、少し若返ったように思えます。