祖母の有料老人ホーム体験

Filed Under:老人ホーム体験

私の祖母は首都圏から少し離れた有料老人ホームに入居していました。
有料老人ホームの値段は少し高いですが、やはりそれなりのサービスがあるのが特徴でした。
まずは、入居費に数百万円が必要でした。
ですが、すでに入居されている方は沢山いて、それぞれの方がそこでの生活を楽しんでいる様子でした。
初めの1週間は様子を見ていたのですが、まず朝起きると係りの人が様子を見に来てくれます。
元気よくおはようございますと声をかけてくれて、祖母はとても嬉しい様子でした。
部屋は個室と相部屋を選ぶ事ができました。
相部屋でも最高2人までとなっており、ある程度のプライベートが保てる空間です。
部屋にはトイレと簡易シャワーが付いていて、ちょっとしたホテルのような感じです。
ご飯は栄養士の方がきちんと献立を考えてくれており、毎日健康的な食事が出されています。
お年寄りに合わせた日本食で、うちの祖母もおいしいと喜んで食べていました。
食事以外は基本的に自由で、外で軽い運動する人や、中でおしゃべりを楽しむ人、自分の趣味に没頭する人などそれぞれが楽しんでいました。
私の祖母もすぐ溶け込むことができて、楽しくおしゃべりをしていました。
また有料老人ホームのいい所は、週に一度お医者さんが着てくれて健康状態をチェックしてくれるところです。
それが祖母にとっても安心できるらしく、これはいいサービスだと喜んでいました。
有料老人ホームは結構な値段がしますが、それなりのサービスを提供してくれており、本人も家族も満足できる環境です。