両親が有料老人ホームに入所して安心生活

Filed Under:老人ホームの活用法

私の両親は健在ですが、母が脳梗塞で倒れ、その後リハビリなどで日常の生活に不自由しない程度に回復したのですが家事などが負担になることから有料老人ホームへの入所を決めました。
私たちの家族との同居も両親には提案しましたが、ふたりの強い意志で有料老人ホームの生活を選びました。
訪問は自由に出来るので休みの日には、月に一度程度、私は訪れています。
老人ホームといっても両親は個室に住み、家と変わらない生活スタイルで外出も自由にしているようです。
食事は、母の病状に合わせた栄養管理されたものを作ってもらい、まだ元気な父とは違うメニューの食事内容です。
ホーム内では、趣味の教室やイベントも行われ、他の入所された人たちとも楽しくコミュニケーションをとっているとのことです。
介護士さんも常駐していて、必要な時は介助サービスも受けられます。
私が最も気になっていた災害時の対策も全施設自家発電で停電時も心配はなく、食料や衣類なども備蓄し、定期的な災害訓練も実施されているので安心です。