有料老人ホームの良いところとは

Filed Under:メリットとデメリット

老人ホームには、自治体が主体となって経営しているところと、一般の人が事業として経営しているところの老人ホームがあります。
どちらも、老人ホームには違いがありませんが、その老人ホームでのサービスなどの中身については、大きな違いがあります。
一般の人が経営している老人ホームは、その殆どのホームは、かなり高額な費用の発生する、有料老人ホームです。
その金額もピンからきりまであります。
しかし、有料老人ホームは、かなりの高額な料金にはなりますが、そのサービス内容は、何と何と、はっきりと明確になっています。
つまりその料金で、提供される中身が、明確になっています。
だから、その料金でそのサービス内容が納得できるなら、高額であっても、価値があると自分が思えば、入居してもよいのではないかとおmぽいます。
これに対して、予算の範囲でのサービスになるのが、自治体のやっているサービスです。
つまり、その自治体の予算範囲内でのサービスになっています。
つまり、どちらかと言えば、サービスを商品化していないのです。
ここのところが、有料老人ホームと、大きく違うところです。
商品としてお金をもらっている方法と、義務感の多い中身化の違いだと思います。
人には、それぞれ、予算の問題とか、色々な事情がありますので、いくら中身が良くても、その有料の老人ホームに入れないで、自治体の老人ホームに入る人もいます。
その人の事情に合わせて、入居すればいいと思います。